東京のどのエリアで賃貸オフィスを借りるか考える

日本の首都でさまざまな機能が集中している東京は、それぞれのエリアで特徴を持っているので、それを理解して賃貸オフィスを借りるか判断してください。国際色豊かなのが、渋谷や恵比寿エリアです。グローバル企業やIT企業が、このエリアにオフィスを構える傾向です。ファッションの中心地渋谷には、アパレル企業が進出することが多くなっています。近代的な高層ビルなど、開発が著しいのが新橋や浜松町エリアです。ここは昔から大手企業が進出してきたエリアですが、汐留地区など新しく開発されたエリアは若い世代に人気で、ここに東京の賃貸オフィスを借りる人もいます。

オフィス街として有名なのが丸の内や大手町、有楽町エリアです。この場所がある千代田区は多くのビジネスマンが働いて、東京の賃貸オフィスもさまざまなタイプのものがあります。千代田区に事務所を持てばステータスにもなるので、本格的なビジネス展開していくなら千代田区にある丸の内や大手町、有楽町エリアがおすすめです。

六本木ヒルズや東京ミッドタウンや虎ノ門ヒルズがある港区エリアも、開発が進み快適なビジネス展開ができる場所です。港区はビジネス街としての側面だけでなく、外資系の日本法人も集中している場所です。このように東京は各エリアで魅力が豊富です。賃貸オフィスを借りる時も参考にしてください。